広島を一望できる14階でホテルチェックイン|THE KNOT HIROSHIMA(ザノット広島)

広島を一望できる14階でホテルチェックイン|THE KNOT HIROSHIMA(ザノット広島)

はじめに「広島でデザインが魅力的なホテルを探す」

広島でホテルを探していた際に建築の勉強も踏まえて泊まってみようと思い、何かしらのユニークさを求めていました。

その時に出会ったのが今回ご紹介するTHE KNOT HIROSHIMA(ザノット広島)です。

ここは2020年にオープンしたホテルで、ザノットのシリーズは東京や横浜、札幌にもあります。

泊まってみたいと思った理由としては「魅力的に作る」ということを意識しているように思えたからです。従来的なホテルとは違った個性を感じました。

それは最上階のロビーやそこからの眺め、交差点に位置するという認知性を意識した建物計画などです。インテリアにもこだわりがあリました。

そんなザノット広島に宿泊してきましたので、建築的な視点も加えて紹介していきたいと思います。「宿泊を検討している方」や、「建築的にどうなっているのか気になった方」にとって参考になれば嬉しいです。

Advertisement

建物の概要を建築視点でまとめる

ザノット広島は「旅するホテル」をコンセプトに掲げています。建物の概要は下記の通りです。

建物概要

住所:広島県広島市中区大手町3-1-1
階数:地上14
構造:鉄骨造
客室:201
敷地面積:831.65
延床面積:7485.40
用途地域:商業地域
建築主:いちご株式会社、東亜地所株式会社、株式会社ゲンバカンリシステムズ
設計・施工:株式会社ゲンバカンリシステムズ
ホテル運営:ABアコモ

その他、建築的な視点での概要を加えます。

エレベータ:3機(常用2機、非常用1機)
階段:2箇所(屋外避難階段1箇所、屋内避難階段1箇所)

【設計のポイント】 ※少し設計的な視点を書きます。

 

基準階プラン

建物は地上14階建てということで特別避難階段は設置の必要がありません。

また31m以上で非常用エレベータが必要になります。上4層を100 ㎡区画して緩和する方法もありますが、今回は非常用エレベータを設ける方向で設計をしています。

1階のエレベータホール。一番左が非常用で区画されている。
客室階の非常用エレベータ。2平米以上の排煙窓がある。

なので非常用進入口、代替進入口を設ける必要もありません。

近くのホテル、マイステイズは代替進入口を設ける計画になっていましたが、消防隊進入用の三角マークは外観上はあまり宜しくないと思ってしまいます。

最上階にレセプションを持ってくるフロア構成

各階の構成は次のようになっています。

14階:レセプション、ルーフトップバー、
313階:客室
2階:客室、ランドリー、自動販売機
1階:エントランス、レストラン

一般的には1階にホテルの受付がある場合が多いですが、ザノット広島は最上階にあります。個人的にはこのような構成は結構良いと思っています。

最上階(14階)のレセプション。奥にルーフトップバー。

1階は地上に面しているため集客機能を存分に発揮できる店舗を入れ、最上階はより特別な体験のできるホテルの共用施設、今回で言えばルーフトップバーを入れています。

1階はレストラン。
レストランの側面。テラス席がある。
ルーフトップバーのカウンター席。
ルーフトップバーの奥からレセプション側を見る。
ルーフトップバーのテラス席。

ホテルの受付に向かうまでの動線としておしゃれな1階レストランを感じさせ、さらにエレベータで最上階に到着すると外の景色が一望できる開放的な空間が現れる、というのは上手い設計だと思いました。

 

1階のエントランス。
1階エントランスに入る。左手にレストラン、奥にエレベーターホール。
最上階のレセプション。

高級ホテルであればスイートルームが一番上の階の方がいいと思いますが、そうでなければこのような最上階が受付という構成が向いている気がします。

インテリアにこだわりのある客室

レストランもレセプションもそうですが、このホテルは一貫してインテリアにこだわりを持ってデザインされています。

客室フロアの廊下。

客室に向かうまでの廊下もそうです。グレー調でムラのある床や壁は今風でスタイリッシュです。エレベーターホールにはアートの展示もありました。

そして客室はツインを中心に構成されています。今回泊まった部屋の面積は約25平米と少々広めに作られていたのが宿泊者として嬉しいポイントです。

部屋は細長い形状で、玄関側にトイレと浴室があり、奥に寝室があります。

25平米の広さとなるとトイレと浴室が分かれていました。

個人的に浴室とトイレが一緒にあるのはどうも慣れません。やはり別々が安心します。

そしてこのホテルは2020年オープンなので設備にはまだ新しさを感じました。

廊下部分にはカウンターがあり、寝室には1人掛けのソファが二つに丸テーブル、そしてシングルベッドが二つありました。

25平米あるとこれだけ家具も配置でき、ゆったりとした広さを感じます。

そしてベッドボードのデザインが面白かったです。

細長い筒を横に並べたようなデザインで、これがあるだけでいい感じの内観に見えます。

ベッドボードの裏には間接照明が仕込まれています。またペンダント照明も個性的で空間演出がしっかりできているなと思いました。

枕元に埋めこまれたスイッチやコンセント、小物置きも真鍮のような色がいい感じでした。

Advertisement

おわりに「広島観光の拠点におすすめ」

夜の外観。周囲に開けたルーフトップバーが明るく灯る。
朝のレセプション、ルーフトップバー。爽快な1日をスタートできる。

私はホテルでの滞在時間はできるだけ優雅に過ごしたいと思っています。

「高級ホテルほどお金は出せないけれど特別な体験はしたい」という時にぴったりなホテルだと思います。

朝食も夕食もこのホテル内で食べるのも良いと思います。朝は開放的な最上階で過ごすと気持ちよく1日がスタートできるはずです。

そして広島観光をする際の拠点にもおすすめしたいホテルです。

平和記念公園まで3分くらいで行けますし、飲食店などお店が多くある袋町や紙屋町も道路を渡ったらすぐです。是非、宿泊してみてください。

ザノット広島を一休.comでチェックする

ホテルカテゴリの最新記事