2018年11月

1/2ページ

過去を読み解き未来に繋げる、建築という記憶の設計「田根剛|未来の記憶」展

はじめに「田根剛さんの個展へ」 東京オペラシティで開催した「田根剛|未来の記憶 Archaeology of the Future -Digging & Building」展に行ってきました。 展示はいくつかありましたが、個人的に気になったものだけ抽出して紹介します。 【会期】2018.10.19~12.24(終了) 【場所】東京オペラシティ アートギャラリー リンク 建築家・田根剛とは […]

風光明媚な大三島を感じ、いざ建築へ「今治市伊東豊雄建築ミュージアム」

はじめに「瀬戸内海の大三島へ」 今治市伊東豊雄建築ミュージアムは瀬戸内海の大三島(おおみしま)にあります。 大三島はしまなみ海道が通っているため、今回は自転車をレンタルしアクセスすることにしました。広島県の尾道から大三島は4~5時間くらいで行けます。 自然あふれる島々と澄んだ内海を見ながら進めんでいるためか時間はあっという間に過ぎてしまいます。問題は大三島に入ってからミュージアムに行くまでの道のり […]

さんかくの建物に沿った展示空間「坂の上の雲ミュージアム」

はじめに「建築家・安藤忠雄の設計」 愛媛県松山市にある坂の上の雲ミュージアムを紹介します。設計は安藤忠雄さんです。三角形のエッジの効いたガラス張りの外観と建物内外を回るスロープが特徴的な建物です。 大阪には「坂の上の雲」の作者、司馬遼太郎さんの記念館があり、その設計を安藤さんが担当したことがきっかけでこのミュージアムの設計も決まったようです。 司馬遼太郎記念館が曲面の外壁で受動的に周辺環境を取り込 […]

建物を貫くエスプラナード「熊本県立劇場」

はじめに「自動車中心の市街地」 熊本県立劇場は熊本県熊本市の市街地から少し離れたところにある劇場です。設計は前川國男さんです。 アプローチ部分に劇場案内などの看板に混じって前川さんの設計の紹介がありました。そうやって設計者の紹介がされているのを見ると嬉しくなります。 夜に行ったということもあり、外観は闇に溶け込んでいましたが、ガラスから内部の光が漏れていました。 劇場は平日の夜ということもあってイ […]

駅に併設するカフェと本屋と図書館「周南市立徳山駅前図書館」

旅路での予期せぬ発見 その時は一本取られたというか三本くらい取られた気分でした。山口県宇部市にある渡辺翁記念会館から岩国市の錦帯橋へ向かう途中に徳山駅という駅で乗り換えがありました。 乗り換えのために空き時間が40分もあったため地方の乗り換えの長さを感じ、何していようかなと思いながら駅に着くと、電車のホームに面したガラス窓から温かみのある明かりが漏れていました。 よくよく見ると本がずらりと並んでい […]

丘の上に建つ軽やかな建物「八代市立博物館 未来の森ミュージアム」

はじめに「八代城跡から探る八代市の歴史」 八代市立博物館は熊本県八代市にあります。八代市は熊本市から電車で1時間ほど南下したところにあります。最寄りの八代駅から20分ほど歩くと急に商店街が現れ、さらには役所や総合病院などの都市機能が見られてきます。 ということは以前何かで栄えた名残があるということで、予想通りその先には八代城跡が存在しました。この「駅→市街地→城」の構図は覚えておくと色んな場所であ […]

多才な人物×多彩な仕掛け「伊丹十三記念館」

伊丹十三のいた町、松山 伊丹十三記念館は愛媛県の松山市にあります。「いよ立花駅」から徒歩15分ほどで着きます。伊丹十三さんは父、伊丹万作さんの死を機に松山に引っ越してきたらしいです。 伊丹十三さんは子供の頃から独創性があって、絵心があり、料理好きで、俳優をやり、映画監督までもやるなど総じて13もの顔があるとされるほど多彩な人でした。 様々なことに手を伸ばしていたのは、全て映画監督になるための助走な […]

多様なデザインと装飾「渡辺翁記念会館」

はじめに「ローカルに感じる個性」 渡辺翁記念会館は山口県の宇部新川駅にあります。この駅を通る電車、宇部線がなかなか曲者です。行った時は1時間半に一本の間隔で、地方に来ていることを実感させられました。そしてICカードも使えなかったです。 電車でまだICカードのシステムを採用していない地域があることを久々に実感させながらも、逆にローカルさは独自の発展の余地がかなりあるので今後どのようになっていくのかが […]

様々な建築構造が集う《駒沢オリンピック公園総合運動場》

はじめに「公園に集う様々な建築を見学」 東京の世田谷区にある、駒沢オリンピック公園に行ってきました。ここでは様々なスポーツ施設が見られます。 意匠的な部分から構造的な部分まで、建築的に広く見応えのあるものばかりです。 それでは建築視点で建物を紹介していきます。 陸上競技場(設計:村田政真) 駒沢オリンピック公園は都立大学駅と駒沢大学駅の間にある公園です。 ここは1964年のオリンピックの第二会場と […]

建築と都市の再考《福岡建築》

はじめに 福岡に建築を見る旅に行ってきました。個性的なものばかりで見るのが楽しかったのですが、同時に建築の存在する”都市”の方にも目が向く機会にもなりました。それでは紹介していきます。 九州芸文館(設計:隈研吾) 九州芸文館は福岡県南部に位置する筑後船小屋駅を降りると一目散に目に入る施設です。というのも、公園の広大で水平ラインの際立つ場所に建っているから当然でもあります。 屋根と壁が折られていて、 […]