商業的なデザインを取り入れたマンション【空想のマンション計画】

商業的なデザインを取り入れたマンション【空想のマンション計画】

はじめに「マンションの計画」

今回はマンションの計画をしてみます。

マンションは建築計画の中で基本となる用途だと思います。

ですが賃貸や分譲、板状かタワーなど、同じマンション用途でも計画の考え方は違ってきて奥が深いものです。

この記事ではボリュームプラン・企画設計として、この敷地にどんな建物が建つか、どんなデザインにしたいかという検討段階を書いていきます。

ページの最後に動画もあるので、そこだけでも見てもらえると嬉しいです。

Advertisement

敷地条件を整理する

今回の計画地は東京都23区のとある敷地です。

※実際にある敷地をベースに計画しており、計画が進むことも考えられるので、具体的な場所は書かないでおきます。

それ以外の敷地条件などについて、次のとおりです。

【条件】

用途地域:商業地域
敷地面積:390㎡
延床面積:1530㎡
指定建蔽率:80%
指定容積率:500%
階数:地上13階
構造:RC造
用途:共同住宅(賃貸)
住戸数:36戸
接道:北側1項1号6m、南側2項3m
その他適用条例:集合住宅条例、福祉のまちづくり、緑化、景観、ごみ等

このように、計画するにあたってまずはその行政で定める都市計画や条例を洗いざらい調べていきます。

賃貸マンションをプランニングする

そして、今回の計画は賃貸マンションとしています。

賃貸であると一般的に、ワンルーム住戸(25㎡程度)をベースで計画し、条例で定められるファミリー住戸(40㎡以上)を最低限設けるというケースが多いです。

※しかし実際はそのエリアの特性などを踏まえ、ワンルーム住戸とファミリー住戸の間の面積帯を増やすこともよくあります。

また、管理人の拘束時間も住戸数や面積帯と絡んでいることが多いです。

例えば港区の場合、30戸以上になる場合、1日8時間以上の週5勤務が求められるというようにです。

このように、様々な要素がプランを決める上で絡んできます。

さらに設計的な話では、柱割り(柱をどのスパンでどこに設けるか)について住戸を効率良く配置する上で考える必要があります

一般的なのは、4つの柱で囲われた面積を55㎡程度とし、基準階をワンルーム2戸(27㎡程度)、上階をその2つの面積がくっついたファミリー住戸(55㎡程度)とするパターンです。

そうすると大きい梁が部屋の中を横断することもなく、プランニングがしやすいです。

そして今回はこのような一般的なプランとしています。

※図面を載せたいところではありますが、敷地や周辺情報等を反映したリアルなプランを描いてしまっているため、割愛させていただきます。

そして1階部分の計画も同時に行います。

設計する上での肝となるのが、避難経路と駐車場・駐輪場の台数、位置です。

賃貸マンションの場合、階段は屋外であることが多いです。

そこにはコストや法規制が絡んでくるのですが、1階まで階段で降りた後の道路までの避難経路をまず確保する必要があります。

また駐車場・駐輪場の台数はマンションの場合条例で決められていることが多いです。

これらは建物内に配置するのか、屋外に配置するのか、という点が設計のポイントとなります。

今回は駐車場1台(バリアフリー対応)と駐輪場住戸数+α分を敷地内に設ける必要があります。

そして建物の形状そのものを大きく左右するのが斜線制限日影規制です。

本敷地を含む辺り一帯は商業地域なので、日影規制はありません。

肝になるのは道路斜線制限です。

※道路斜線とは、道路から一定の斜線勾配内に納まる大きさしか建物を建ててはいけないというものです。

当然天空率を使って道路斜線を緩和するのですが、今回は前面道路の幅員が6mと4mと狭いです。

そうすると縦長の建物になり、さらに厳しい場合、建物の4隅が面取り(カット)される形状になります。

よく街中でバルコニーの端部が斜めにカットされた建物を見かけると思いますが、それは天空率の規制によるものです。

デザインをし建物の価値を作る

そして法規制などを満たしたプランに対して、外観デザインを行います。

デザインを考えながらプランニングもしているのですが、結局はデザインをフィードバックする形でプランを調整していくことになります。

そして今回考えたデザインが次のようになります。

こちらは広い道路側からのパースになります。

ザ・共同住宅という形ではなく、あまり無いような商業的な要素を入れたデザインとしました。

壁の間に開口があるという見せ方をすることでシャープな印象となるようにしています。

設計視点では、天空率で削られた建物の角をデザインに変換することを意識しています。

結果としてあまりマンションには見られないデザインにできたと思っています。

建物正面からのパース
道路反対側からのパース
エントランス周りのパース

※なお今回のパースの制作時間は半日くらいで、実際仕事でやる場合は少なくとも1週間はかけるので、完成度はそれ相応になっています。

仮に実現化する際の問題点

好きにデザインしてみましたが、実際建てるときにはこのデザインにはしないと思います。

これでも法的に成り立っているので、実現しようと思えばできます。

ただ、コスト面を考慮するとこのデザインに出来ない理由があります。

それは省令40号を使えなくなる点です。つまり、スプリンクラーの設置免除ができなくなるのです。

やはりコストを考えると、経済的な計画と言えなくなってしまうのには問題があります。別のデザインも考える必要がありそうです。

今回は空想の計画なのでそこら辺は甘く見てもらえると幸いです。

Advertisement

おわりに「ないがしろにできない建築デザイン」

以上、空想のマンション計画でした。

マンションは人が住むという特性上、使い勝手や安全性、メンテナンス性をより重視しながら計画していく用途です。その過程でデザインというのは、それとは相反する要素が混ざっているものです。

例えば見た目がかっこよくてもメンテナンスをどうするかなど、気にしなくてはならないです。それでも見た目というのは購買意欲や住むステータスにも関わってきます。

常にデザインは相反する何かと戦いながら実現するものだと思います。

そんなことを考えながら空想の計画をしていました。

簡単な動画も作ったので、よかったら見てみてください。

設計カテゴリの最新記事